J王者・川崎、キャンプから気になっていた課題が露呈 “意識改革”を求める鬼木監督

中村憲剛(右)に指示を出す鬼木監督(左)photo/Getty Images

「戻る意識」と「粘り強さ」

Jリーグ王者の川崎フロンターレは10日、『フジゼロックス・スーパーカップ2018』で天皇杯王者のセレッソ大阪と対戦し、惜しくも2-3で敗戦。この結果、新シーズン初のタイトルを逃すこととなった。

試合後、インタビューに応じた川崎の鬼木達監督は「今年初めての公式戦という中で、セレッソには昨年のリベンジという事もあった。サポーター、選手ともにリベンジの思いで挑んでくれたと思うが、残念な結果になってしまったというのが正直なところ」と悔しさをにじませた。クラブの公式サイトが伝えている。

そして「ゲームの方は、少し試合勘というものの差がセレッソの方にあったのかなと。あとは単純にセレッソの力というのが、改めて強いというものを感じた。我々も時間とともに徐々に自分たちの持ち味を出すことが出来たけど、まだまだ動きの部分、コンビの部分で崩しきれなかったなという思いがある」と試合を振り返った上で、「今シーズンの1発目でこういう敗戦になりましたが、この敗戦をしっかりと受け止めて、課題も多く出ましたし、これをこの後のゲームにしっかりと繋いでいきたい」と語った。

さらに質疑応答の際には「課題」について聞かれ、「ボールを持った後のゴールに向かう部分。コンビネーションもそうですが、もっともっと崩しに入る迫力を持って行かなければいけない。もう一つは守備のところ。今日は3失点したが、追いかけるという形はどんな試合でもきついので、そこのところで簡単に失点しないというところはチームとして取り組まなければいけない」と話しつつ、守備面については「まずは全員の戻る意識と粘り強さというところ。そこのところがどうしてもキャンプから多少気にはなっていた。そこの部分は取り組んで来たが、質の高いチームとやるとそういう部分が出てしまっていたというのが正直なところ。ただ、そこの部分は意識のところで随分変わると思うので、そこの意識をしっかり持たす。そこが一番大事」と明かしている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ