セレッソ、ハードワーク完遂でフロンターレを撃破 高木俊幸&ヤン・ドンヒョンの新戦力も躍動[ゼロックス杯/映像アリ]

ゼロックス杯を制したセレッソ大阪の面々 photo/Getty Images

持ち前のカウンターが機能

10日に『FUJI XEROX SUPER CUP 2018』が行われ、昨年のJ1リーグを制した川崎フロンターレがセレッソ大阪と対戦した。

序盤からセレッソが素早い攻守の切り替えを見せ、ゲームを支配。19分には杉本のヒールパスを受けた柿谷が敵陣ペナルティエリア内でシュートを放つが、枠を捉えることができなかった。

セレッソが押し込みながら点を奪えない状況が続いた26分。右サイドを切り崩した山村が杉本にパスを送ると、同選手が敵陣ペナルティエリア内でボールをはたく。このボールを受けた山口が右足でミドルシュートを放ち、先制点を挙げた。

先制されたフロンターレは長短を織り交ぜたパスで相手ゴールに迫ったものの、[4-4-2]の布陣でブロックを敷くセレッソの守備を崩せない。37分にはペナルティエリア内で中村が強烈なシュートを放つが、 枠を捉えることができず、セレッソが1点をリードして前半を終える。

後半も球際で激しい守備を披露したセレッソが試合をコントロール。48分には杉本のヘディングによるパスを受けた清武が相手最終ラインの背後を陥れ、貴重な追加点を挙げた。

2点のビハインドを負ったフロンターレは51分に車屋が敵陣ペナルティエリア内でヤン・ドンヒョンに倒され、PKを獲得。このPKを小林が決め、同クラブが反撃の狼煙を上げる。 リードを縮められたセレッソのユン・ジョンファン監督は清武と水沼を下げ、高木と福満を投入。78分にはその高木がヤン・ドンヒョンからのスルーパスに反応して敵陣ペナルティエリア内に侵入し、貴重な追加点を挙げた。フロンターレは後半アディショナルタイムに長谷川のパスを受けた大久保がワンタッチシュートでゴールを陥れるも、反撃もここまで。セレッソが攻守両面でハードワークを完遂し、同大会を制している。

[メンバー]
フロンターレ:チョン・ソンリョン、奈良 竜樹、谷口 彰悟、田坂 祐介(→守田 英正 51)、車屋 紳太郎、阿部 浩之(→長谷川 竜也 71)、中村 憲剛(→大久保 嘉人 46)、森谷 賢太郎(→大島 僚太 46)、エドゥアルド・ネット、家長 昭博(→知念 慶 79)、小林 悠

セレッソ:キム・ジンヒョン、松田 陸、丸橋 祐介(→田中 裕介 81)、マテイ・ヨニッチ、山下 達也、山口 蛍、水沼 宏太(→福満 隆貴 63)、清武 弘嗣(→高木 俊幸 63)、山村 和也、柿谷 曜一朗(→ヤン・ドンヒョン 46)、杉本 健勇(→秋山 大地 81)

[スコア]
フロンターレ 2-3 セレッソ

[得点者]
フロンターレ:小林 悠(51)、大久保 嘉人(90+2)

セレッソ:山口 蛍(26)、清武 弘嗣(48)、高木 俊幸(78)









参照元:Twitter
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.225 欧州4大リーグ展望:熾烈な戦いを制するのはどこだ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ