レヴァンドフスキ、過熱するレアル移籍報道について「また憶測が出回っている」

今季のブンデスリーガで18得点を記録 photo/Getty Images

改めて残留を強調

2014年よりバイエルン・ミュンヘンに在籍しているFWロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド代表)。今季のブンデスリーガで18得点と好調を維持している同選手だが、代理人がレアル・マドリードとの交渉を開始したことが複数のメディアで報じられるなど、移籍への気運が高まっている。

こうした状況のなか、同選手が改めて自身の去就について言及。前述の噂を否定したうえで、毎年のように報じられている移籍報道への不快感を露わにした。米『ESPN』が伝えている。

「また憶測が出回っているみたいだね。こういう噂を毎年耳にするけれど、関心はないよ」

ピエール・エメリク・オバメヤン(前ドルトムント)がアーセナルに移籍したことで、今季のブンデスリーガの得点王の座をほぼ手中に収めているレヴァンドフスキ。今後も得点を量産し、同クラブの3冠達成に貢献することができるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ