WBA指揮官、アーセナル行き濃厚の“元マンU”DFの放出を容認へ

WBAの主将として活躍中のエヴァンス photo/Getty Images

ついに移籍が実現か

マンチェスター・ユナイテッドやサンダーランドなどでのプレイを経て、2015年よりウェストブロムウィッチ・アルビオンに在籍しているDFジョニー・エヴァンス。同クラブの主将として活躍を続けている同選手だが、アーセナルへの移籍の噂が浮上したことから、去就が注目されている。

こうした状況のなか、同クラブを率いるアラン・パーデュー監督が同選手の去就について言及。「適正な入札額であれば、我々はいつでも(他クラブからの)オファーに応じる」と述べたことが英『The Telegraph』で報じられるなど、移籍への気運が高まっている。

ローラン・コシェルニーの度重なる負傷離脱やペア・メルテザッカーの今季限りでの現役引退に伴い、センターバックの補強が急務となっているアーセナル。あと3日ほどで閉幕となる今冬の移籍期間内に交渉をまとめることができるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ