数年後に”世界最高のDF”になる男!? バルサが獲得したミナ、恐るべき5つのポイント

バルセロナが獲得したジェリー・ミナ photo/Getty Images

その能力に大きな期待がかかる

上手く成長すれば世界最高のセンターバックになるのではないか。先日バルセロナがパルメイラスから獲得したコロンビア代表DFジェリー・ミナに大きな期待がかかっている。

スペイン『MARCA』は「ミナの注目すべき5つのポイント」と題してミナの特性を紹介しているが、この通りの活躍ができればミナは恐ろしいセンターバックになる。まず1つ目に挙げられたのが193cmの高さだ。バルセロナにはジェラール・ピケがいるが、ピケ以外のDFには高さがない。ミナはセットプレイから得点を狙うことも可能で、高さを加えてくれることに期待がかかる。

2つ目は、その高さがありながら足下の技術にも優れていることだ。同メディアは非常に繊細なタッチを持っていると伝えており、バルセロナのDFに求められる組み立ての能力も高いと評価されている。高さがあって足下の技術もある。これだけでも十分に優れたDFだが、ミナの恐ろしさはこれだけではない。

3つ目はスピードだ。同メディアは単純なスピードだけでなく反応速度も非常に速いと分析しており、ブラジル国内の戦いでもほとんどのアタッカーにスピード勝負で負けることはなかったとの評価だ。バルセロナは最終ラインを高く設定するため、後方のスペースをケアできるだけのスピードと読みの鋭さが必要になる。ここもミナの特長に合っているとの評価だ。

そして反応速度が速いため、ファウルで相手を止めるケースが少ないことが4つ目に挙げられている。ミナがキャリアで受けたレッドカードはコロンビア国内でプレイしていた2013年のデポルティーボ・パスト戦での1枚のみとなっており、クリーンなセンターバックと評価されている。

最後の5つ目は、若さだ。23歳の年齢を考えると、ミナはバルセロナでまだまだ伸びるだろう。伸びしろがあることも魅力的で、数年後に世界トップクラスのセンターバックになることが期待されている。高さ、スピード、繊細な技術、クリーンなプレイと、この特長をバルセロナで伸ばすことができればミナは恐ろしいDFとなるだろう。これは2018ロシアワールドカップでコロンビア代表と同じグループHに入っている日本代表にとっても無関係の話ではなく、ミナは次期世界最高のセンターバック候補として大きな注目を集めている。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.193 ロシアW杯グループリーグ完全ガイド
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ