ここ6試合で1得点の急ブレーキ 伊紙「インテルの攻撃は1本調子で読みやすい」

ラツィオとも引き分けてしまったインテル photo/Getty Images

得点ペースがストップ

前半戦を快調に飛ばしていたインテルが躓き始めた。12月最初のゲームでキエーヴォを5‐0と一蹴したところまでは素晴らしい出来だったのだが、ここから突然ゴールが決まらなくなってしまった。

続くユヴェントス戦はスコアレスドロー、コッパ・イタリアでは5回戦のポルデノーネ戦で延長戦まで戦って得点を奪えず、PK戦の末に勝利。4日後のウディネーゼ戦では1得点を挙げたが、3失点を許して敗北している。

悪い流れはまだ止まらない。23日にはサッスオーロに0-1で敗れ、4日後のコッパ・イタリア準々決勝ミラン戦も0-1で落としてしまった。そして30日にはラツィオとスコアレスドローに終わり、カップ戦も含めここ6試合で1点しか奪えていない。

この状況に伊『Gazzetta dello Sport』は、インテルの攻撃にバリエーションがないと指摘している。インテルは両サイドのイヴァン・ペリシッチ、アントニオ・カンドレーヴァを中心にシンプルな攻撃を繰り返しており、サイドからクロスを上げるケースが非常に多い。中で合わせるマウロ・イカルディがそれを決め続けていたが、同メディアは攻撃が1本調子で幅が無いと厳しく指摘している。

それゆえ相手に読まれやすく、攻撃パターンを理解されると行き詰ってしまうのではないかとの見方だ。後半戦に入れば、ルチアーノ・スパレッティ率いるチームの攻撃パターンも当然研究されてくる。現状を打破するためにも攻撃面をもう1度見つめ直す必要があるだろう。

ここ最近の苦戦ぶりで首位ナポリとは勝ち点差が7も開いてしまい、ここで踏ん張れなければスクデット争いから脱落だ。5日にはフィオレンティーナ戦が控えているが、インテルは流れを取り戻せるか。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.201 初出場アイスランドがアルゼンチン相手に勝ち点1
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ