ついにキャリックの後釜を確保か マンUが“ナポリ不動の司令塔”を強奪へ

ナポリの攻撃を司るジョルジーニョ photo/Getty Images

来月中の獲得を目指すマンU

今季のプレミアリーグ第20節終了時点で2位につけているマンチェスター・ユナイテッド。マルアン・フェライニやアンデル・エレーラ、及びマイケル・キャリックに退団の噂が絶えないことから、中盤の補強の必要性が各メディアより指摘されている。

こうした状況のなか、同クラブが現ナポリ所属MFジョルジーニョ(イタリア代表)の獲得に乗り出したことが英『TRIBAL FOOTBALL』で話題に。マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が補強リストの上位に同選手を加えたほか、同クラブが来月中の入札を検討していることが併せて報じられるなど、引き抜きにむけた動きが本格化しつつある。

巧みなボールコントロールや正確なパスでナポリの攻撃を司っているジョルジーニョ。パス捌きを得意とするキャリックの長期離脱が災いし、自陣からのビルドアップがままならない試合が続いている同クラブだが、同選手の獲得が実現すれば中盤でのパスワークが改善されるだろう。交渉の行く末に注目が集まる。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ