ユヴェントス、不動の左サイドバックの放出を容認へ

加入当初よりアシストを量産しているA・サンドロ photo/Getty Images

契約更改を保留しているA・サンドロ

2015年よりユヴェントスに在籍しているDFアレックス・サンドロ(ブラジル代表)。同クラブ不動の左サイドバックとして活躍を続けている同選手だが、クラブ首脳より持ち掛けられている現行契約の更改に応じていないことから、去就が注目されている。

こうした状況のなか、ユヴェントスの首脳陣が同選手の放出を視野に入れていることが英『THE Sun』で明らかに。同クラブが5300万ポンド(約80億円)以上の入札で同選手の譲渡に応じる構えを見せていることが併せて報じられるなど、移籍への気運が高まっている。

2020年6月に現行契約が満了となるアレックス・サンドロ。同選手がなぜ契約更改を保留しているのかは定かではないが、ユヴェントス側としては加入当初よりアシストを量産している同選手の慰留に努めたいところだろう。交渉の行く末に注目だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ