久保建英、U-21日本代表で招集外 森保監督が明かした理由は……

今季、J1デビューを飾った久保 photo/Getty Images

「プレイヤーズファースト」

JFA(日本サッカー協会)は26日、2018年1月10日から開催される『AFC U-23選手権 中国2018』に出場するU-21日本代表メンバー23名を発表した。三好康児や初瀬亮らが選ばれた一方で、久保建英はメンバーから外れている。

招集メンバー発表前に「タイでの大会から大幅に選手を代えて参加するが、この年代の選手を幅広く見ながら良い成果をあげたい」と述べていた森保一監督。質疑応答の際、記者からメンバー外となった久保について聞かれ、「協会や各クラブとの話の中で、プレイヤーズファーストという観点から」とコメントした。

そして「1年間どの選手もハードワークしていると思いますけど、出場期間が長かったり、いろんなカテゴリーでプレイして、心身ともに疲労しているであろう選手は、来てもらって見たいという気持ちはあるが、プレイヤーズファーストということで少し休んでもらって、また新たな機会で見せてもらう」と説明した上で「そこは久保建英だけではなく、今回何人かの選手はそういう観点から招集していない」と明かしている。

久保は今季、J1デビューに加え、FC東京のU-23やU-18でもプレイ。U-20W杯など日本代表の各年代へも参加したことから、1年間の疲労を考慮した上で今回の決断に至ったようだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ