ゴールラインテクノロジーがあれば…… メッシの完全無欠のゴールが幻に[映像アリ]

不運な判定に見舞われたメッシ photo/Getty Images

大手スペイン紙も判定に唖然

26日にリーガ・エスパニョーラの第13節が行われ、同リーグ首位のバルセロナが同2位のバレンシアに1-1で引き分けた。

この試合の30分に下された判定が物議を醸している。敵陣ペナルティアーク付近でボールを受けたリオネル・メッシ(バルセロナ)がミドルシュートを放つと、相手GKネトがこのボールを後逸。ボールがゴールラインを完全に越えたように見えたが、審判団はノーゴールの判定を下し、バルセロナの選手たちが執拗に抗議するという事態に発展した。一連の騒動を受けスペイン紙『MARCA』が「ゴールラインテクノロジーの欠如がこの結果を生んだ」と嘆くなど、審判団の判定を誤審と断定する論調が相次いでいる。

来季よりビデオアシスタントレフェリー制度(VAR)が導入されるリーガ・エスパニョーラ。誤審撲滅にむけて積極的な動きを見せたスペインサッカー協会だが、首位攻防戦のジャッジを託された審判団が失態を演じたことで、今後も頭の痛い日々が続きそうだ。



参照元:Twitter

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ