オーストラリア、ドローンでホンジュラスの公式練習を上空から偵察!?[映像アリ]

ホンジュラスの指揮官を務めるピント監督 photo/Getty Images

オーストラリアのスパイ疑惑が浮上

15日にロシアW杯・大陸間プレイオフの2ndレグが行われ、オーストラリア代表がホームにホンジュラス代表を迎え入れる。本大会出場がかかった運命の一戦を前に、オーストラリアにスパイ疑惑が浮上している。

11日にホンジュラスのホームで行われた1stレグは、0-0のスコアレスドローで戦い終えているため、2ndレグで勝利したチームがロシア行きのチケットを手にすることとなる。ホームのオーストラリアが有利との見方が強いが、ただ同代表もアウェイゴールを奪えていないため、1失点するとたちまちピンチになる可能性が。オーストラリアにとって、勝利が必須条件と言っても過言ではない。

こういった状況の中でオーストラリアが、ホンジュラスに対してスパイ行為を行なった可能性があると、米『ESPN』などが伝えている。同メディアによると、13日にホンジュラスがスタジアムでトレーニングを行なっている際、上空をドローンが飛び続けていたという。これは映像にも収められており、ホンジュラスが代表の公式Twitterへ映像とともに「ホンジュラスの公式トレーニングをオーストラリアがドローンでスパイ。チームに不快感を引き起こしている」と投稿している。

さらに、記者会見へ出席したホルヘ・ルイス・ピント監督も「先進国が、このような事件を起こすのは恥ずかしい。オーストラリアがホンジュラスへ来たとき、彼らはトレーニングを行うスタジアムの隅々まで(盗撮されていないかなどを)チェックしていた。そして、ドローンがビデオに収められているのが何よりの証拠。明日の試合は、フェアプレイやスポーツイベントからかけ離れて開催される。彼らは潔白ではないでしょう。サッカーによるスパイ行為だ」と述べた。

オーストラリアが本当にドローンを送り込んだかは定かではないが、この一件はどんな結末を迎えるのだろうか。



参照元:Twitter

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ