アジア勢は必ず走り勝て! 韓国が見出す強豪との戦い方「走ることでコロンビアを無力化した」

コロンビアに勝利した韓国代表 photo/Getty Images

W杯で格上に勝利するには走力がカギ

欧州、南米から見ると2018ロシアワールドカップに出場するアジアのチームは圧倒的な格下だ。選手の質、国際舞台での経験値など簡単には埋まらないだけの差がある。では、アジア勢は世界トップレベルとどう戦っていけばいいのか。最もシンプルな解決法としては、必ず走り勝つことではないだろうか。

日本と同じく来年のワールドカップに出場する韓国代表は、先日の親善試合でコロンビア代表を2-1で撃破した。この時大きかったのがハードワークだ。韓国『スポーツソウル』によると、この試合で両チーム通じてトップの走行距離を記録したのがMFキ・ソンヨンで、その走行距離は12.1Kmに及ぶ。中盤で強豪コロンビアに走り負けなかったことが勝利の要因の1つとなったのだろう。

その韓国は14日にセルビア代表と親善試合をおこなうが、同メディアは「韓国はコロンビア相手に披露した走るサッカー、闘魂のサッカーで勝負する。その中心にキ・ソンヨンがいる。走ることで南米の強豪コロンビアを無力化した。キ・ソンヨンはトップとなる12.1Kmの走行距離を記録し、韓国サッカーの象徴であるパク・チソンもユナイテッドで活躍した時はこの程度の距離を走って絶賛されていた」と伝えており、とにかく走ることに活路を見出そうとしている。

ワールドカップで欧州、南米の強豪に勝利するには走り勝つことが最低条件となり、いかに相手の豪華な攻撃陣に自由を与えないかがポイントとなる。これは日本にも言えることで、走力で相手を圧倒するほどの勢いが必要なのだろう。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ