「僕たちがバルサを支配していた」 2得点記録したギュンドアンもパフォーマンスに満足

リベンジ成功

リベンジ成功

得点を喜ぶギュンドアン photo/Getty Images

1日にチャンピオンズリーグでバルセロナと対戦したマンチェスター・シティは、イルカイ・ギュンドアンの2得点もあって3-1で勝利した。前回対戦で4失点の大敗を喫していたため、今回のリベンジは気分が良いだろう。

英『Squawka』によると、ギュンドアンも今回の勝利に手応えを感じている。ギュンドアンは試合への入りがナーバスになっていたと立ち上がりの出来には不満を述べたものの、後半のパフォーマンスは素晴らしかったと語った。

「最初は少しナーバスだったけど、得点を奪ってからは自信を取り戻したし、後半は素晴らしいパフォーマンスだったね。僕たちがバルサを支配していたよ」

ギュンドアンの同点弾でチームは息を吹き返し、マンCは本来のパフォーマンスを取り戻すことに成功した。後半のプレイにはバルサのルイス・スアレスも驚いたようで、試合後に戸惑ったことを認めている。同メディアは2得点のギュンドアン、逆転となるフリーキックを叩き込んだケビン・デ・ブルイネに最高点の8点を与えており、彼らがチームを救うこととなった。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ