サウジアラビア戦以来となるスタメン復帰 柴崎岳は伊東純也に並ぶ攻撃の主軸となれるか

森保一監督からの信頼が厚い柴崎岳 photo/Getty Images

期待大だ

ワールドカップ・カタール大会に向けたアジア最終予選が行われており、日本代表はオマーン代表と対戦する。オマーンとは予選の初戦で対戦しており、敗北を喫してしまった。今回はそのリベンジマッチとなるが、サムライブルーは無事白星を挙げることができるのだろうか。

そんな森保ジャパンはオマーン戦に臨むスタメンを発表。前節のベトナム戦とメンバーは大きく変更されておらず、イエローカードの累積で出場停止となった守田英正に代わってMF柴崎岳が中盤に復帰している。

左サイドバックに中山雄太、左ウイングに三笘薫の起用も考えられたが、森保一監督は手堅く勝ち点3を取りに来たと予想できる。

その中でもキーマンとなるのはやはり柴崎か。今回の最終予選では初戦からスタメンだった柴崎だが、サウジアラビア戦以降はベンチを温める時間が増えており、今回は3戦ぶりの先発となった。

サウジアラビア戦でのミスのイメージが強い柴崎だが、今回はアンカー遠藤航の前のポジジョンであるインサイドハーフでの起用となり、ある程度遠藤のカバーが受けられることになる。これでボールロストの多さも軽減され、彼の攻撃センスが生かされることになるだろう。

オーストラリア戦でスタメン落ちも、オマーン戦でピッチに戻ってきた柴崎。今のサムライブルーは攻撃を伊東純也の個に大きく依存している部分があり、柴崎の正確なパスやミドルシュートで彼に並ぶ攻撃の主軸としての活躍に期待したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ