“韓国のメッシ”とまで騒がれたエリートFWの挫折 2年で1020分しか出番ない現実

2018年のW杯で出番得ていたイ・スンウ photo/Getty Images

2018年のW杯も経験したのだが……

10代の頃よりMF久保建英は何度か和製メッシと呼ばれてきたが、同じくアジアのメッシ候補として注目を集めてきたのが韓国人FWイ・スンウ(23歳)だった。

久保と同じく、イ・スンウはバルセロナのアカデミーに在籍していた経験を持つサッカーエリートだ。韓国サッカー界からの期待も大きく、2018年にはワールドカップ・ロシア大会を経験している。同国を代表するスターになると考えていたファンも多かっただろう。

しかし、イ・スンウの立ち位置はこの3年で大きく変わった。2017年にはバルセロナを離れてイタリアのヴェローナへ移籍したが、思うような結果は残せず。その後日本人選手も多数活躍するベルギーのシント・トロイデンへ向かったものの、こちらでも影は薄かった。

2020-21シーズンはシント・トロイデン、そしてレンタル移籍していたポルトガルのポルティモネンセにてリーグ戦合わせて798分間しかプレイできず、得点数も2点に留まった。

2019-20シーズンもシント・トロイデンのトップチームでは222分間しか出場機会が与えられなかったため、2シーズン合わせてもプレイタイムが1020分間しかなかったことになる。これでは評価が上がらないのも仕方がない。

そして16日、U-24韓国代表が発表した東京五輪へ向かう代表候補メンバー23名からイ・スンウの名前が外れた。今月行われていた親善試合でもアピール出来なかったとの評価で、エリート街道を突き進むと思われていた韓国の至宝は大きな挫折を味わうことになった。

もちろんまだ若いため、挽回は可能だ。しかし海外でのキャリアが順調に進んでいないのは明らかで、何かやり方を変えなくては埋もれたままになるだろう。翌年にはワールドカップ・カタール大会が控えており、韓国も厳しいアジア最終予選への戦いがスタートする。ここでイ・スンウにアピールのチャンスは訪れるのか。韓国のメッシとまで呼ばれた男の復活劇に注目だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ