驚異の”13億ユーロ”超え! 名将ペップが最もお金を使って強化したエリアは

マンCを指揮するグアルディオラ photo/Getty Images

今夏も高額補強が実現

現在マンチェスター・シティを指揮するジョゼップ・グアルディオラの哲学は最終ラインからスタートするということなのだろうか。グアルディオラがこれまでの監督生活でDFの補強に費やした金額が注目を集めている。

グアルディオラはこれまでバルセロナ、バイエルン、マンCを指揮してきたが、自身が理想とするチームを作り上げるべく多くのビッグディールを実現させてきた。その中でも目立つのがDFの補強なのだ。

スペイン『MARCA』によると、グアルディオラはこれまで指揮官となってから実に13億ユーロ超えの資金を使って選手を獲得してきた。そのうちDFの補強に費やした金額が1番多く、5億1310万ユーロとなっている。

今夏もユヴェントスからサイドバックのジョアン・カンセロを6500万ユーロで獲得しており、他にもマンCではアイメリック・ラポルテ (6500万ユーロ)、バンジャマン・メンディ(5750万ユーロ)、カイル・ウォーカー(5100万ユーロ)、ダニーロ(3000万ユーロ)、ジョン・ストーンズ(5560万ユーロ)を獲得してきた。最終ラインの顔ぶれはグアルディオラ就任時から大きく変わっており、GKエデルソン・モラレスにも4000万ユーロの移籍金を費やしている。

単純にマンCの最終ラインのクオリティに納得できなかっただけとも言えるが、移籍金が高騰している近年の流れもあってグアルディオラはDFの補強に恐ろしいほどの金額を費やすことになった。マンCでは計7億6230万ユーロを使用しているが、悲願とするチャンピオンズリーグ制覇には届くのか。目眩がするほどの金額が動いている。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)、最新号を無料で公開中!

日本初の電子サッカーマガジンtheWORLD(ザ・ワールド)。最新号は、本誌初のJリーグ特集! 名古屋グランパスの風間監督、大分トリニータの片野坂監督の独占ロングインタビューも奪取しました!!

こちらから無料でお読みいただけます
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=358/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.257 EURO2020大展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ