新たな”ピルロ2世”候補? アーセナルを去った21歳MFの評価急上昇

エンポリで成長したベナセル photo/Getty Images

セリエAでブレイクの兆し

現在ミランが獲得へ近づいているとされるエンポリMFイスマエル・ベナセルは、アーセナルの下部組織出身の選手でもある。アーセナルではポジションを掴めなかったが、エンポリでは評価が急上昇。今夏にはミランが注目するまでのタレントへと成長した。

ベナセルは守備的MFとしてプレイする選手だが、ミランやユヴェントスで活躍したアンドレア・ピルロと重ねる声もある。ベナセルをピルロと似ていると表現したのは、短期間ながら昨季途中からエンポリを指揮したジュゼッペ・イアキーニだ。

伊『Milannews.it』によると、イアキーニはピルロが攻撃的なポジションから徐々に守備的MFへとポジションを下げた部分に注目しており、そこにベナセルとの共通点があると語っている。

「ベナセルを最終ラインの1つ前で起用したのはよかった。彼はサッスオーロのセンシと似た役割をこなしていたね。ベナセルは上手くやったし、大いに進歩した。まだ伸びるよ。ピルロは攻撃的な位置からスタートし、そこから最終ラインの1つ前でプレイするようになった。べナセルも攻撃的な選手だったが、我々のシステムの中でピルロやヴェッラッティと似た中盤の底として成長したね」

ベナセルはまだ21歳と若い選手で、これからまだ伸びるだろう。ミランが手にするかもしれないNEXTピルロ候補に期待だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ