ACL・GS突破に王手の鹿島、DF昌子が明かした“常勝軍団”の課題とは

チームを鼓舞するDF昌子 photo/Getty Images

なかなか2点目が取れない

鹿島アントラーズは13日、AFCチャンピオンズリーグのグループステージ第4節でシドニーFC(オーストラリア)をホームへ迎え入れ、1-1のドローで試合終了のホイッスルを迎えた。この結果、今節でのグループステージ突破はならなかったが、次節の上海申花(中国)戦で引き分け以上の結果を残せば、決勝トーナメント進出が決まる。

試合後、インタビューに応じた鹿島の大岩剛監督は、先制しながらも勝ちきれなかったことに対して「自分たちがボールを持っているなかで、どこでスイッチを入れるのか、どこでスピードアップするのか、相手のウィークポイントを突いていくタイミングなど、ゲームのなかで共通認識が持てなかった。ロストが多ければ、当然カウンターを受ける回数が増える。特に後半はゲームをコントロールすることができなかった」と振り返った上で「残りの2試合、しっかり相手を分析して臨みたい。選手たちには『しっかり原点に戻ろう』と話した」とコメント。クラブの公式サイトが伝えている。

また、試合に出場した選手の多くが悔しさをにじませており、その中でDF昌子源は「いい形で1点を取ってから、2点目を取れないことが今のうちの課題。もったいない試合になってしまった」とチームの課題を口にしている。

はたして、“常勝軍団”鹿島は課題を修正し、次節できっちりグループステージ突破を決めることができるのか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ