キエッリーニ、相手FWの顔面殴打で出場停止の可能性[映像アリ]

ユヴェントスの守備を牽引するキエッリーニ photo/Getty Images

故意、それとも偶然か いずれにせよ証拠映像が

ユヴェントスに所属するイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニに出場停止処分が下されることとなるかもしれない。

18日に行われたトリノとの伝統のダービーで、ユヴェントスのキャプテンマークを巻いてスタメンに名を連ねたキエッリーニ。1点リードして迎えた53分、イタリア代表で同僚のトリノFWアンドレア・ベロッティのボールを奪いに行った際に、同選手の顔面を掌打しているのがカメラに捉えられていた。

この一連のプレイでベロッティは顔面を抑えてピッチに倒れこんだが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定が採用されることはなく、ノーファウルで試合は続行された。だが、ダービー終了後に伊『Juventusnews24』や伊『Gazzetta dello Sport』など多くの伊メディアが取り上げ、話題となっている。

キエッリーニの行為が故意だったのか、それとも偶然だったのかはまだわかっていないが、明確な証拠として映像が残っているるため、出場停止処分が言い渡される可能性があるとのこと。いずれにせよ、管轄機関によって調査され、この一連の騒動をはっきりさせていくようだ。



参照元:Twitter

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ