マンCが強いのはお金だけが理由じゃない ロッベン「ペップがやったことはアメイジング」

ロッベンとグアルディオラ photo/Getty Images

かつての指揮官を称賛

今やチャンピオンズリーグの優勝候補筆頭にも挙げられるようになったマンチェスター・シティには、多額の資金を投じて優秀な選手を集めているのだから強くて当然といった意見もある。実際ジョゼップ・グアルディオラが指揮官に就任して以降は最終ラインを中心に積極的な補強を進めており、チームの顔ぶれは大きく変わった。

しかし、バイエルンでグアルディオラの指導を受けたFWアリエン・ロッベンはお金だけが強さの秘訣ではないと主張している。英『FourFourTwo』によると、ロッベンはグアルディオラの指導力の賜物と考えており、マンCをチャンピオンズリーグの優勝候補と認めている。

「間違いなく彼らは優勝候補の枠の中だよ。近年と比較しても彼らは大いに強くなった。シティが現欧州ベストチームとの意見も多いからね。グアルディオラがシティでやったことはアメイジングだよ。僕たちは彼のことをよく知っているし、僕も彼との仕事を楽しんだ。彼は非常に優れた指揮官だ。それを今再び見ることができているんだ」

「お金だけではないよ。彼らのプレイスタイルを見れば、あれは監督の特色だよ。ペップが進化させていて、それが彼の仕事なんだ」

確かにお金をかけただけでプレミアリーグ首位を独走できるほど甘い世界ではなく、やはりグアルディオラの指導によるところが大きい。バイエルンでグアルディオラの指導を受けたロッベンだからこそ分かることがあるのだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ