「モウリーニョは究極の勝者」 CLで激突のモンテッラが語る憧れ

マンUを率いるモウリーニョ photo/Getty Images

指導者の理想的なモデル

現在マンチェスター・ユナイテッドを指揮するジョゼ・モウリーニョは結果が出ていないと批判を受けているが、昨季も多くの批判を浴びながらヨーロッパリーグを制覇している。短期決戦を勝ち抜く術を完璧に理解しており、モウリーニョのチームを倒すのは容易なことではない。

今回マンUはチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でセビージャと対戦することになっているが、今季途中からチームを指揮するヴィンチェンツォ・モンテッラもモウリーニョのことをリスペクトしている。スペイン『ABC de Sevilla』によると、モンテッラは指導者を目指すにあたってモウリーニョのやり方を参考にしたと明かしており、偉大なる指揮官と尊敬しているようだ。

「モウリーニョは他の指揮官以上に究極の勝者なんだ。選手の心に入り込み、彼らのポテンシャルを最大限引き出し、一体感を生むのは時間のかかることだが、彼はそれをやっている。世界で誰か1人指揮官を選ぶなら、モウリーニョだね。私はこれまで多くの偉大な指揮官と出会ってきたが、彼の指示の下でやってみたかったね。私が指導者のキャリアをスタートさせた時、モウリーニョのメソッドを参考にしたよ」

選手層ではマンUの方が豪華だが、セビージャも簡単な相手ではない。モンテッラも憧れの指揮官モウリーニョを撃破する策を練っているはずだが、モウリーニョは先輩として偉大なる勝者の姿を示せるか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ