ケイン、CLで“ロナウジーニョ&ドログバ”超えの記録達成

欧州屈指のストライカーへと変貌を遂げたケイン photo/Getty Images

ユヴェントス戦で技ありゴール

今季のプレミアリーグで既に23得点を挙げているFWハリー・ケイン(現トッテナム)。13日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのラウンド16の1stレグ(ユヴェントス戦)においてもゴールを挙げるなど、今や欧州屈指のストライカーとして名を馳せている。

チャンピオンズリーグの舞台でもゴールを量産している同選手だが、前述のユヴェントス戦で同大会通算9ゴール目を記録。同大会デビューから9試合目までのゴール数はロナウジーニョ(元バルセロナ)、ディディエ・ドログバ(元チェルシー)、シモーネ・インザーギ(現ラツィオ指揮官)、ジエゴ・コスタ(現アトレティコ・マドリード)などが挙げた8ゴールが最多であったが、ケインがこの記録を塗り替えた。トッテナムの公式Twitterがこの偉業を伝えている。

トッテナムの選手として出場した全公式戦199試合で132得点(※)と、驚異的なペースでゴールを積み上げているケイン。今後もチームの勝利に直結するゴールを挙げ、同クラブにタイトルをもたらすことができるだろうか。

(※)独『transfermarkt』を参照。


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ