“世界最強”の仏代表DF陣に新たな候補者 ライプツィヒを統率する19歳「ロシアW杯に行くことを夢見ている」

ライプツィヒで活躍するウパメカノ photo/Getty Images

センターバックの層の厚さは異常

現在のフランス代表はドイツ代表と並んで最もメンバー入り争いが激しいと言われており、ロシアワールドカップに向かうのは簡単なことではない。その争いに名乗りを上げようとしているのが、ライプツィヒで奮闘する19歳のDFダヨ・ウパメカノだ。ウパメカノはライプツィヒの最終ラインに欠かせない存在となっており、ブンデスリーガの舞台で着実にレベルアップしている。

ウパメカノは身体能力の優れたセンターバックで、1対1にも強く自らボールを運ぶ推進力も兼ね備えている。独『Bild』によると、ウパメカノはロシアに行く可能性を諦めてはいないと語っており、最後までフランス代表入りを争う構えだ。

「もちろんロシアに行くことを夢見ているよ。ただ、フランス代表のメンバー争いは信じられないほど激しいんだ。特に僕のポジションはね。だけど最後まで望みは捨てないよ。僕はハードワークしているし、
それが僕の成功のレシピなんだ。世界最高のDFの1人になるのが夢だよ」

ウパメカノの言葉通り、センターバックの争いはかなり激しい。レアル・マドリードのラファエル・ヴァラン、バルセロナのサミュエル・ウムティティが存在感を放ち、ベテランのアーセナルDFローラン・コシェルニーもいる。他にもパリ・サンジェルマンのプレスネル・キンペンベ、昨年代表に初招集されたシュツットガルトのベンジャミン・パヴァールなど若い世代も育っている。ウパメカノに残された時間はあまり多くないが、ロシア行きの切符を掴むことはできるのか。フランスの最終ラインは世界が羨む陣容になっている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ