川崎、中国の“スター軍団”に惜しくも敗戦 前向きな姿勢を見せる鬼木監督

上海上港に惜しくも敗れた川崎 photo/Getty Images

戦いはまだ始まったばかり

川崎フロンターレは13日、AFCチャンピオンズリーグのグループステージ第1節で上海上港(中国)をホームへ迎え入れた。元ブラジル代表のフッキやオスカルらがスタメンに名を連ねた上海上港を相手に奮闘するも、23分に許したゴールを最後まで守り切られ、川崎は0-1の敗戦を喫した。

試合後、インタビューに応じた鬼木達監督は「ホームの開幕戦ということで、多くのサポーターに来てもらいましたが、そこで勝点3というものを奪えなかったことが一番悔しくて残念」と悔しさを口にしつつも「まだ本当に始まったばかり。落ち込むことなく次に向かっていきたい」と前向きな姿勢を見せた。クラブの公式サイトが伝えている。

ただこの一戦で“1点の重み”を感じたようで「1つどこかで(ゴールが)入っていればという思いはある。そこの1つというのにしっかりこだわっていかないとやはり苦しいゲームになる。そこのところはもう1回、点を取るということに意識をしっかり持って次へ挑みたい」とも述べている。

そして、質疑応答の際に「得点できなかった原因」について聞かれ、「相手の守備というよりも自分たちのところ」と明かした上で「それが何かと言えば、1つは間で受けたときやターンできるときにターンしなかったり、少し下げてしまったことによって相手に勢いを出させてしまう。あとは何度かカウンターを食らいましたけど、そういうことに少し怖がって高いポジションを取れないなど、本当に少しずつのところ。そういう積み重ねが押し込み切れなかったり、最後高い位置でポジションを取って攻めることができなかった。距離感というところで怖がらずに近くでどれだけやれるかというのもあるので、そこは改善していきたい」との見解を示した。

一方で、この一戦では良い面も見られた。鬼木監督は「守備では本来の球際のところや切り替えのところ、すぐに失ったらボールを回収するという作業の意識というのは、非常に高くやれていた。相手には強力なFWがいたので、そういうところはチームである程度対策を練って取り組みましたけど、そういうところも本当に選手が理解してやってくれたと思う」や「最後まで攻撃的な姿勢を見せようという形でボールを握ることを怖がらずにやったことは本当にポジティブなことだった」と話している。

川崎はは次節、20日に蔚山現代(韓国)とアウェイで対戦する。初戦の反省を活かし、勝ち点を積み上げることができるのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ