再びバイエルンの”3冠”達成は可能か 名将ハインケス復帰以降21戦20勝と驚異の状態に

バイエルンを指揮するハインケス photo/Getty Images

2012-13シーズンを思わせる強さに

2012-13シーズン、バイエルンは圧倒的な強さで3冠を達成した。当時のバイエルンを止められるチームは存在せず、攻守両面において完成度は抜群だった。その時チームを指揮していたのはユップ・ハインケスで、このシーズンを最後に監督業引退を宣言している。

しかし、今季序盤戦でチームが躓いたこともあり、バイエルン上層部はもう1度ハインケスに指揮を任せることを決定。10月15日のフライブルク戦からカルロ・アンチェロッティに代わって指揮を執り始めたが、そこからハインケスのチームは21試合を戦って20勝1敗と恐ろしい成績を記録しているのだ。

独『Kicker』によると、当時の3冠を知るアリエン・ロッベンも「監督が代わってからの連勝は印象的だね。チャンピオンズリーグ制覇の可能性を高めるためにもこのリズムをキープしないといけない」と手応えを口にしている。

今のチームならば2012-13シーズン以来の3冠も可能なように思えてくるが、名将ハインケスを止めるチームは今季存在するのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ