「イングランド人選手はダイブをマスターした」 ヴェンゲルが嘆くずる賢さ

アーセナルを率いるヴェンゲル photo/Getty Images

プレミアの舞台でダイブが横行

サッカーの世界にはマリーシアという言葉もあるが、時に審判の目を欺こうと巧妙な演技をする選手たちがいる。こうした選手は南米に多かったのだが、アーセナルを指揮するアーセン・ヴェンゲルは近年イングランド人選手がよくダイブするようになったと感じているようだ。

プレミアリーグでは前節のリヴァプール対トッテナムの一戦で、トッテナムFWハリー・ケインとエリック・ラメラがPKを獲得したシーンがダイブではないかと議論されており、MFデル・アリに至っては主審からしっかりとダイブと判定されてイエローカードを受けている。

英『Daily Mirror』はクリスタル・パレスFWウィルフリード・ザハ、マンチェスター・シティFWラヒーム・スターリングもよくダイブをする選手と認識しているようだが、いずれもイングランド人選手だ。ヴェンゲルは南米選手のずる賢い部分をイングランド人選手が吸収したと主張している。

「我々はダイブをゲームから取り除きたい。ここで多くの外国人選手がダイブしていたのを覚えているが、イングランド人選手はそれを素早く吸収し、今ではダイブをマスターしている」

ダイブや相手選手を退場に追い込もうとする巧妙な演技など、現在のサッカー界ではそれをするのが当たり前といった風潮もある。今後はビデオ判定(VAR)の影響で変わってくるだろうが、まだ導入されていないプレミアリーグではダイブが横行している。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.202 戦術ズバリ! 前回王者をメキシコが沈める
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ