マスチェラーノ、7年半過ごしたバルサに別れ 中国への移籍が濃厚か

バルセロナ退団が発表されたマスチェラーノ photo/Getty Images

18個のタイトルをもたらした英雄の退団

バルセロナは23日、アルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノがチームを退団することになったと発表した。なお、24日に同選手の送別式を行い、翌25日に開催されるスペイン国王杯のエスパニョール戦で、カンプ・ノウに足を運んだファン前で最後の挨拶をすることも同時に発表されている。

現在33歳のマスチェラーノは2010年夏にリヴァプールからバルセロナへ移籍。加入初年度からチームの主力として公式戦45試合に出場し、欧州制覇とリーグ優勝に貢献した。その後もチームに欠かせない存在となっており、在籍7年半で公式戦通算334試合に出場。バルセロナでプレイした外国人選手としては、リオネル・メッシ、ダニエウ・アウベス、フィリップ・コクーに次ぐ4番目の数字だという。

これまでバルセロナに18個のタイトルをもたらしてきたマスチェラーノが、この度チームを去ることとなった。移籍先などは明かされていないが、地元メディアらによると、以前から噂に上がっていた中国への移籍が濃厚そうだ。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.198 ロシアW杯出場32ヵ国ガイドブック
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ