オバメヤン、規律違反でまたも招集外に クラブ首脳&同僚が痛烈批判

またしても愚行に及んだオバメヤン photo/Getty Images

ビュルキ「首脳陣の対応を支持する」

2013年よりドルトムントに在籍しているピエール・エメリク・オバメヤン。今季のブンデスリーガで既に13得点を挙げている同選手だが、度重なる練習への遅刻などがクラブ側より問題視され、同リーグ第12節(シュツットガルト戦)でベンチ外に。この処分に対する不満を公の場で口にしたことから、クラブ首脳との確執が噂されている。

こうした状況のなか、同選手がブンデスリーガ第18節(ヴォルフスブルク戦)にむけたチームミーティングを無断欠席。この振る舞いにより同試合で招集外の扱いを受けたことが英『sky SPORTS』で明らかとなった。同選手の行為を受け、同クラブのミヒャエル・ツォルクSDは「彼が一体何を考えているのか、私には分からない。今回の彼の行動は決して容認できるものではない」と不快感を露わに。また、同クラブGKロマン・ビュルキも「首脳陣の決定を支持する。彼がいくらゴールを決めようとも、ルールは全ての選手に当てはまるものだからね。愚かな行為によって彼が再び試合を欠場することになったのは残念だよ」と語ったことが英『METRO』で伝えられた。

かねてより移籍をほのめかす発言を繰り返すなど、同クラブへの帰属意識が薄まっているオバメヤン。もはや退団は時間の問題と言えるだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ