同点かと思ったのに…… デポルティーボFWが至近距離から信じられないシュートミス[映像アリ]

シュートを上に外すアドリアン・ロペス photo/Getty Images

サポーターも落胆

そんなに思い切り外してしまうものなのか。13日に行われたリーガ・エスパニョーラ第19節デポルティーボとバレンシアの一戦でサポーターを落胆させる衝撃的なシュートミスがあった。

まず試合が盛り上がったのは0-2とデポルティーボが2点をリードされて迎えた後半43分だ。アドリアン・ロペスの折り返しをフローリン・アンドネが頭で押し込み、1点を返したのだ。これでホームのデポルティーボサポーターは勢いづき、あと1点奪えと選手たちを盛り立てる。

そして後半ロスタイム、デポルティーボにビッグチャンスが訪れる。デポルティーボがバレンシアの最終ライン裏にフワリとしたボールを送ると、抜け出したのは先ほどアンドネのゴールをアシストしたロペスだ。

GKも前に飛び出せず、ロペスはゴール至近距離でフリーだった。サポーターも決まったと確信しただろうが、シュートはまさかのゴール上へ。あまりに衝撃的な軌道にスタジアムはため息に包まれた。試合は1-2でデポルティーボが敗れており、英『sky SPORTS』もロペスのとんでもないシュートミスだったと取り上げている。



参照元:YouTube

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ