岡崎慎司の激しいプレスにチェルシーもタジタジ? ”レスターBIG3″の働きに英紙も脱帽

この試合でも走り続けた岡崎 photo/Getty Images

チェルシーは攻撃を組み立てられず

10日にカラバオ杯準決勝でアーセナルと戦った疲労が残っていたとはいえ、13日にチェルシーを無得点に抑え込んだレスター・シティのパフォーマンスは見事だった。際立っていたのは前線の選手の存在感だろう。

この試合ではジェイミー・バーディと岡崎慎司が前線でコンビを組んだが、岡崎は相変わらず前線からプレスをかけ続けた。何度かボールを奪い取るシーンもあり、岡崎やバーディに追い回されたことでチェルシーは上手く攻撃を組み立てられなかった。英『Independent』も岡崎とバーディ、さらに右サイドから何度も仕掛けたリヤド・マフレズの3人がチェルシーを苦しめたと称賛している。

「コンテはレスターを警戒していたが、彼の不安はマフレズ、バーディ、岡崎慎司のエネルギー溢れる動きにチェルシーが苦しんだことで証明された。レスターは絶えず王者のようにプレイし、彼らの激しいプレスはチェルシーにミスを引き起こした」

チェルシーの動きが重かったのは明らかだが、それでも岡崎を筆頭に走り続けたレスターの戦いぶりは称えられるべきだろう。岡崎には得点を奪うチャンスまであり、退場者を出したもののレスターがゲームをコントロールしていたと言ってもいいはずだ。

レスターは2015-16シーズンに奇跡のプレミア制覇を成し遂げたが、その立役者でもある岡崎、マフレズ、バーディのトリオは今でもチームの中心だ。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.224 激闘だらけのロシアW杯を振り返る
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ