クロップはコウチーニョ売却をどう思うのか 「クラブが彼の野望を叶えられなければ……」

リヴァプールを率いるクロップ photo/Getty Images

売るだけのクラブになるべきではない

バルセロナにMFフィリペ・コウチーニョを売却して得た1億4200万ポンドの移籍金で誰を獲得するのか。リヴァプールにとってこのミッションは非常に重要だ。ここで良い補強ができなければ、それこそリヴァプールは売る側のクラブになってしまう。

チームの指揮を執るユルゲン・クロップはコウチーニョを残留させようと必死に動いていたようだが、最終的にはバルセロナに引き抜かれたと落胆していた。英『sky SPORTS』によると、この状況にかつてリヴァプールで取締役を務めたクリスティアン・パースロー氏は、クロップに長く指揮を執ってほしいならクラブがリクエストに応えなければならないと警告している。

「リヴァプールは良い選手をただ売るのではなく、買う必要がある。クロップは大物指揮官だと思うし、リヴァプールが彼の野望を叶えられなければ他のビッグクラブの指揮官になるだろう。もうビッグ6ではないんだ。私はマンチェスター・シティ、マンチェスターユナイテッド、チェルシーがリヴァプール、トッテナム、アーセナルのグループから抜け出しているように感じる。経済的な理由からね」

資金力に差はあるものの、マンチェスターの両クラブは指揮官の理想を叶えるために多額の資金を市場に投じている。マンU指揮官ジョゼ・モウリーニョに至ってはまだ不十分との考えを示していた。今後もリヴァプールがチームのベストプレイヤーを引き抜かれるだけのクラブになってしまえば、クロップの気持ちが切れる可能性はある。コウチーニョの売却益を活かして以前より強いチームを作れるのかどうかは、クラブの将来を左右する重要な問題となりそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ