W杯を“2年に1度”とするのはあり? 強豪と戦えない日本代表にはメリットも

ベルギー戦のような興奮を2年に1度味わえるのは嬉しいが…… photo/Getty Images

サッカーファンの間では賛否分かれる

ワールドカップは4年に1回のペースで行われてきたが、それを2年ごとに開催する案が浮上している。5月半ばにはFIFAが実現可能か調査すると報じられ、今後の動きに注目が集まっている。

サッカーファンの間では賛否両論あるだろうが、独『Kicker』によれば元アーセナル指揮官アーセン・ヴェンゲルがこの案をプッシュしている。

ワールドカップが2年に1度の開催となれば、EUROやコパ・アメリカなどを合わせサッカー界はほとんど毎年のようにメジャートーナメントを楽しむことが出来る。魅力があるのも事実だが、果たしてこれをサッカーファンはどう受け止めるだろうか。米『ESPN』は賛成か否かサッカーファンに問いかけているが、今のところは賛成と反対で割れている。

「賛成だ。4年なんて待っていられない」

「4年ごとという時間がワールドカップをエキサイティングなものにするんだ」

「良いアイディアだと思う。4年という歳月は選手たちにとって長すぎる」

「反対だ。もしそうなれば、コパ・アメリカ、EURO、ワールドカップが毎シーズン開催される。選手たちには休息が必要だ」

4年という時間が長いかどうか。これは人によって見方が異なるだろう。

しかし日本サッカー界にとっては、悪い話ばかりでもないか。欧州ではネーションズリーグも本格化し、日本代表として欧州の強豪と対戦できる機会が減っている。アジアのワールドカップ予選は緊張感が薄れてきており、代表マッチウィークのたびにアジアの国々と対戦しているだけではファンも飽きてしまう。日本代表にとっても成長に繋がりにくいだろう。

強豪との対戦機会を増やせるならば、2年ごとのワールドカップも悪くない。単純にチャンスも増えるため、必然的に上位進出への道も見えやすくなる。この大胆な提案を実現させるには時間が必要だろうが、サッカー界で大きな変化は起こるか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ