森保Jの心臓だった柴崎岳はどうなる “川崎組”の力でボランチの争いは激化した

これまで森保ジャパンは柴崎に頼ってきたが…… photo/Getty Images

韓国戦の1試合で評価が変わってきた

25日に行われた親善試合で韓国代表を3-0で撃破した日本代表は、そのスコア以上の収穫を得ることができた。

デビュー戦で先制点を挙げた右サイドバックの山根視来はもちろん、代表経験の浅い選手が結果を残してくれたからだ。

中でも注目したいのは、ポルトガルのサンタ・クララに活躍の場を移している25歳のMF守田英正だ。川崎フロンターレ時代より足下の技術には定評があったが、韓国戦ではボランチの一角として抜群のパフォーマンスを披露。その技術は世界で十分に通用するレベルにある。

この日の日本は森保ジャパン発足以降1番と言っていいほどボールがスムーズに回っていたが、それに守田が貢献していたのは間違いない。ボランチとしての守田の序列は確実に上がった。

守田のテクニックは代表の舞台でも通用する photo/Getty Images

遠藤航の相棒を巡る争い

問題は今後のボランチ選考だ。守備的MFとして遠藤航は固定されており、シュツットガルトで圧巻のプレイを見せる遠藤は絶対に外せない。相棒にはゲームを動かせるプレイヤーが欲しいところだが、ここまではスペイン2部のレガネスでプレイする柴崎岳に頼ってきた。そこに守田というアイディアが加わることになる。

たった1試合で評価が逆転するかは分からないが、柴崎の立場が不動なものではなくなったのは間違いない。森保ジャパンにおいて柴崎は欠かせない存在だったが、2022年のワールドカップ・カタール大会へサバイバルは激しくなっていくだろう。

東京五輪世代ではあるものの、川崎フロンターレに所属する田中碧も1年後の成長が楽しみな選手だ。守田に続く川崎組であり、J1の舞台で圧倒的な強さを見せる川崎のアイディアを日本代表に取り込むのも悪くない。

柴崎の牙城は崩れるのか。それとも、2018年のワールドカップ・ロシア大会を知る存在として柴崎が再び評価を高めるのか。中盤のポジション争いが面白くなってきた。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.255 アトレティコの現在地

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ