ブラジルW杯優勝決定弾男、EURO2016最優秀若手も ロシアW杯行きを逃す可能性ある実力者たち

ブラジルW杯で優勝決定弾を決めたゲッツェ photo/Getty Images

この4年で状況か変わった

2018ロシアワールドカップまで100日を切り、各国は最終準備へと入っている。翌週には親善試合が各地で行われる予定となっており、徐々に各国の指揮官もW杯メンバーの絞り込みをしてくるだろう。つまりこの段階で代表に召集されていない選手は本番でも外れてしまう危険性がある。

そこでスペイン『MARCA』は、ロシア行きを逃してしまうかもしれない各国の実力者を数名リストアップしている。ロシアで見てみたいタレントも多いが、彼らは外れてしまうのか。

優勝候補の一角に挙げられるブラジル代表では、チェルシーで出場機会確保に苦しむDFダビド・ルイスが危険だ。元よりダビド・ルイスは代表監督チッチの構想に入っていないところがあり、ロシアに行ける可能性はあまり高くないだろう。

前回王者ドイツ代表からはドルトムント組が危険だ。前回大会で優勝決定弾を叩き込んだMFマリオ・ゲッツェ、ようやく復帰した天才FWマルコ・ロイス、MFユリアン・ヴァイグルも今回のメンバーには入っていない。守護神マヌエル・ノイアーも負傷離脱が続いており、W杯までにコンディションを整えられるかは微妙だ。ドイツはタレントが多いだけに、この4人の中からもメンバーに入れない選手が出てくるだろう。

豪華な攻撃陣を揃えるアルゼンチン代表ではユヴェントスFWパウロ・ディバラ、インテルFWマウロ・イカルディの2人が危険だ。イカルディは代表監督ホルヘ・サンパオリの構想から外れたとの情報もあり、インテルで得点を量産していてもメンバー入りが保証されないほどアルゼンチンの攻撃陣は豪華だ。

ディバラはリオネル・メッシとの共存が難しく、まだ代表ではベンチスタートも多い。今大会もメッシが中心のチームとなっているため、ディバラの召集にこだわりすぎる必要がないのも事実だ。

EURO2016を制したポルトガル代表ではラツィオFWナニの出場機会が少なく、今回はメンバーから漏れた。さらにEURO2016で最優秀若手選手に輝いたMFレナト・サンチェスも相変わらず苦しんでおり、代表には入っていない。

彼らはいずれも実力者だが、このままロシア行きを逃してしまうのか。中には2014年からの4年間でチームの中心になっていることが期待された選手もいたが、状況は大きく変わっている。


●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました。

ダウンロードはこちらから(iOS版)
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ