ヴェンゲルの教え子もダイバーじゃないか 元トッテナムMFがPA内で転倒したウェルベックに批判[映像アリ]

自身の転倒でPKを獲得したウェルベック photo/Getty Images

ミラン戦でPKを獲得したウェルベックに批判

2月、アーセナルを指揮するアーセン・ヴェンゲルはイングランド人選手がペナルティエリア内でずる賢く倒れるダイブをマスターしてしまったと嘆いていた。実際プレミアリーグではトッテナムMFデル・アリ、クリスタル・パレスFWウィルフリード・ザハなどイングランド人選手がダイブしたことが何度か話題になっている。

しかし、それはヴェンゲルの教え子も同じなのかもしれない。アーセナルは15日にヨーロッパリーグ・ベスト16第2戦でミランと対戦したが、この試合ではアーセナルFWダニー・ウェルベックがダイブでPKを獲得したのではないかと議論になっている。

ウェルベックは0‐1で迎えた39分にリカルド・ロドリゲスに後方から引っ張られたとアピールして転倒し、PKを獲得している。やや審判も判定に迷っていたが、確かに接触は非常にソフトなものだった。英『Daily Mail』によると、以前トッテナムに所属していたジャーメイン・ジーナスはダイブだと捉えており、ヴェンゲルの教え子も審判の目を欺こうとしたと批判している。

「あれは酷いダイブだ。汚いパフォーマンスだし、ヴェンゲルがイングランド人選手はダイブを上手くやっていると言っていたが、彼の選手もその1人だった」

ウェルベックは今月行われるオランダ代表、イタリア代表との親善試合に臨むイングランド代表メンバーにも選ばれており、ジーナスに指摘されることとなった。ウェルベックにはPKをもらおうとの気持ちが少しはあったはずで、今回はダイブ疑惑をかけられても仕方がないか。




参照元:twitter

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ