香川がいなければ今のドルトムントは戦えない 「中盤に創造性がない。アイディア提供できるのは香川だ」

ドルトムントの香川 photo/Getty Images

復帰はいつになるのか

香川真司はいつ復帰してくれるのか。後半戦に入ってから絶好調だった香川の負傷離脱はドルトムントを悩ませるものとなっている。

香川はペーター・シュテーガー体制で要となっていたが、2月10日のハンブルガーSV戦で足首を故障。気になる足首の捻り方だったが、復帰まで想像以上の時間がかかっている。シュテーガーは今回さらに2、3週間ほど必要との見方を示し、復帰はまだ先の話となりそうだ。

この現状に独『Wa.de』は、チームが香川を必要としていると取り上げている。ドルトムントにはマリオ・ゲッツェやマルコ・ロイスなど優秀な選手が揃っているものの、リーグ戦で3試合連続得点を記録したロイスを除けば香川級の活躍を披露している選手はいない。

同メディアは、「今のドルトムントには中盤の創造性がなく、ゴンサロ・カストロ、ヌリ・シャヒン、ユリアン・ヴァイグル、マフムード・ダフードらでは十分な衝撃を与えられない。アイディアを提供できるのは香川だが、シュテーガーはまだ2週間はかかると語っている」と伝えており、できるだけ早く復帰してくれることを期待している。

香川にとっても調子のよかった時期に怪我をしてしまっただけに悔やんでいるところも多いはず。日本代表が行う3月の欧州遠征にも間に合わない可能性が出てきており、想像以上に重い負傷となってしまった。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ