C大阪にリベンジはならなかったが…… 横浜FM、新体制初の公式戦で感じた大きな手応え

今季から今季から横浜FMの指揮官に就任したポステコグルー監督 photo/Getty Images

新たなスタイルを示せたC大阪戦

横浜F・マリノスは25日に行われた明治安田生命J1リーグの開幕節で、天皇杯決勝でも相見えたセレッソ大阪と対戦。DF山中亮輔の豪快なミドルシュートで先制したものの、終了間際に同点ゴールを許し、1-1のドローで試合を終えた。

あと一歩のところで天皇杯のリベンジはならなかった横浜FMだが、アンジェ・ポステコグルー新監督のもとで行うサッカーに、初の公式戦ながら大きな手応えを感じたようだ。試合後のインタビューで、多くの選手が勝ちきれなかった悔しさをにじませつつも、ポジティブな面を口にしている。

今季のキャプテンに任命されたベテランDF中澤佑二は「オフェンスの部分でポゼッションし、サイドを崩して突破してチャンスを作るというところの手ごたえは、選手たちも今日で確信したんじゃないかな。良いポゼッションからシュートまではなかなかいかなかったけど、攻撃の形としてはこういうスタイルで1年やろうというものは見せられたと思う」と明かした。Jリーグの公式サイトが伝えている。

そしてクラブの公式サイトによると、試合後のインタビューでMF喜田拓也も「自分たちのスタイルを示せた。内容的には決してネガティブなものはない。自分たちのスタイルを信じて、貫き通すだけ」と、MF中町公祐も「失点シーンはアンラッキーでしたけど、やりたいことができたシーンは多々見られた試合。リーグ戦でこのスタイルでやるのは初めてだが、ある程度の手応えは感じた」と話している。

ポステコグルー新体制のもと、横浜FMは今季飛躍を遂げることができるのか。新指揮官の采配、そしてまだまだ発展途上である新たなサッカースタイルの向上に、今後も注目したい。

●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.225 欧州4大リーグ展望:熾烈な戦いを制するのはどこだ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ