浅野は「敗者」になってしまった 指揮官交代の影響受けた3人に独紙が選出

シュツットガルトで苦戦する浅野 photo/Getty Images

現状を問題視

1月末にハンネス・ヴォルフを解任し、タイフン・コルクトを指揮官に招聘したシュツットガルトは大きく変化した。それまでは3トップを採用する機会も多かったが、新指揮官のコルクトは2トップを好んでいる。これによってポジションを失う選手が出てきたのだ。

日本代表FW浅野拓磨もその1人だ。浅野はヴォルフの下でも出場機会が多かったわけではないが、コルクトに代わってからはベンチに入ることも難しくなっている。浅野だけでなく、前指揮官の下では出番があったFWチャドラック・アコロ、FWアナスタシオ・ドニスの2人もベンチに座る時間が長くなっている。

独『Echo24』はこの3人を指揮官交代による「敗者」と取り上げており、コルクトの下で出場機会を確保するのは困難との見方を示している。現在はダニエル・ギンチェクと新加入のマリオ・ゴメスが2トップのファーストチョイスになっており、チームもコルクト就任からボルシアMGとアウグスブルク相手に連勝を飾るなど結果を出している。この序列をひっくり返すのは至難の業だ。

何より興味深いのは、アコロは今季4得点を挙げてチーム内得点王だったことだ。そのアコロが外されるところにコルクトの徹底ぶりがうかがえる。コルクトはどの選手のことも除外していないとアピールしているようだが、同メディアはこの3人がスタメンに入るのは難しいと伝えている。

浅野はロシアワールドカップもあるだけに出場機会減少は大きな問題となるが、新指揮官を納得させられるだろうか。

●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.225 欧州4大リーグ展望:熾烈な戦いを制するのはどこだ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ