ザルツ南野、渾身のスライディングシュートで劇的同点弾 チームを敗戦から救う[映像アリ]

貴重なアウェイゴールを挙げた南野 photo/Getty Images

今季の全公式戦で7得点

15日にUEFAヨーロッパリーグのラウンド32(1stレグ)が行われ、南野拓実が所属するRBザルツブルクが敵地でレアル・ソシエダに2-2で引き分けた。なお、南野は76分に途中出場を果たしている。

RBザルツブルクが1点を追う展開で迎えた後半アディショナルタイムに、同選手による技ありのゴールが生まれた。右サイドを駆け上がったステファン・ライナーが敵陣ペナルティエリア中央へクロスを送ると、このボールに反応した南野がスライディングシュートを放ち、貴重な同点ゴールを挙げた。

限られた出場時間の中でチームを敗戦の危機から救った南野。同クラブは同選手のアウェイゴールを契機とし、次のラウンドに駒を進めることができるだろうか。



参照元:Twitter

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ