“持ってる男”MF水沼宏太、再びC大阪を救う 後半AT劇的弾に「走れば何か起こると思っていた」

ゴールを決め、ガッツポーズする水沼 photo/Getty Images

土壇場に強い水沼

セレッソ大阪の“持ってる男”MF水沼宏太が、またしてもチームを救った。

21日に行われたAFCチャンピオンズリーグのグループステージ第1節で韓国の済州ユナイテッドと対戦したC大阪。なかなかゴールを決めることができず、ただただ時間だけが過ぎていく。しかし、この一戦でスターティングメンバーに名を連ねた水沼が、試合終了間際の後半アディショナルタイムに均衡を破り、敵地でチームに貴重な勝ち点「3」をもたらしている。

昨季の天皇杯・準決勝(ヴィッセル神戸戦)では後半アディショナルに同点ゴールを、同大会の決勝では延長戦で決勝ゴールに決めていた水沼。この試合でも最後の最後にゴールを決め、土壇場の勝負強さを示した。

そんな水沼が試合後、インタビューに応じ「厳しい試合でしたし、球際だったり、サッカー以外の部分でもいろんな戦いがあった試合。耐えて、恐れることなく立ち向かった僕たちの姿を見せることができたので、こうやって勝利を掴むことができたと思う」と済州戦を振り返った。クラブの公式サイトが伝えている。

さらに得点シーンについて「途中からヤン(ドンヒョン)が出てきて、健勇と2人、競り合いに強い選手が前にいたので、後ろに走れば何か起こるなと思っていた。それに、トシ(高木俊幸)はシュートを打ちに行ける選手なので、打って、どこかにこぼれるかなと思って走っていたのが、うまく自分のところにこぼれてきた」とコメント。その上で「僕だけではなくて、みんなが最後まで諦めない気持ちを持って戦うことができるチームなので、それが今日の勝利につながったのかなと思う」と述べた。

また、MF清武弘嗣も「正直、試合をやっている中で、この試合を引き分けたらすごくもったいないと思っていた。僕にもチャンスはあったし、試合展開も良かったし、流れも良かったので」と試合を振り返りつつ「最後、みんなで耐えて、最後の最後に宏太がああやって決めてくれた。チーム全員で勝ち取った勝点3だと思う」と話している。


●電子マガジンtheWORLDは、W杯ロシア期間中にデイリー刊行しています!

大会期間中の号はすべて無料で、お使いのブラウザ上からお読みいただけます。こちらからお読みください。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.209 乾と本田で2度追いつく! 日本代表が魅せた執念のドロー
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ