背が低くてもサッカーはできる! アメリカサッカー界の未来が語る「ピッチでは1番小さかった」

大柄な選手と競り合うプリシッチ photo/Getty Images

サイズの問題を攻略するテクニック

アメリカのスポーツ選手といえば体が大きくパワフルとのイメージもあるが、現在代表の10番を任されているドルトムントMFクリスティアン・プリシッチは173㎝と小柄な選手だ。子供時代にはバスケットボールもやっていたようだが、170㎝代の選手がプロになるのは難しかっただろう。

UEFAによると、プリシッチもサイズの問題で悩んだこともあったようだ。しかし常に相手の方が大きいという環境が現在のプレイスタイルに繋がったところもあるようで、子供時代の感覚を振り返っている。

「僕は常に大きな選手とプレイしていたし、ピッチでは1番小さかった。彼らをかわすためにもっと速く、テクニックと能力を上手く使うことを考えないといけなかったんだ。それが僕をよりテクニカルな選手にしたんだよ」

現在のプリシッチはトップスピードの中でも正確にボールを扱える選手になっており、テクニックとスピードの両方で相手DFを翻弄することができる。これは常に大柄な選手と対戦していたからこそ身についた武器で、それがなければアメリカ代表の未来を背負うような存在には成長していなかったかもしれない。
●電子マガジンtheWORLDは、W杯ロシア期間中にデイリー刊行しています!

大会期間中の号はすべて無料で、お使いのブラウザ上からお読みいただけます。こちらからお読みください。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.207 ブラジルが追加タイムの2発でコスタリカに辛勝
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ