オバメヤン加入でベンチ要員に アーセナルOBがラカゼットの退団を予想

鳴り物入りでアーセナルに加入したラカゼットだが...... photo/Getty Images

「彼はヴェンゲルからの信頼を失っている」

今季開幕前にリヨンからアーセナルに移籍したFWアレクサンドル・ラカゼット(フランス代表)。当時のクラブ史上最高額となる5200万ポンド(約78億円)の移籍金で加入した同選手だが、直近のリーグ戦10試合で僅か1得点と、不振に喘いでいる。

こうした状況のなか、かつてアーセナルで活躍したエマニュエル・プティ氏(元フランス代表MF)がラカゼットの去就について言及。今季終了後に同選手が退団を強いられる可能性があるとの見解を示した。英『THE Sun』が伝えている。

「ラカゼットには大きなプレッシャーがかかっている。パフォーマンスを改善できなければ夏には退団を強いられるだろうね。(ピエール・エメリク・)オバメヤンが加入したということは、彼のこのクラブでのキャリアは終わりに近づいているのかもしれない。彼は(アーセン・)ヴェンゲル監督からの信頼を失っているし、オバメヤンこそアーセナルが必要としている選手だ」

今冬のオバメヤンの加入に伴い、3日に行われたプレミアリーグ第26節(エヴァートン戦)でベンチに追いやられたラカゼット。クラブOBより手厳しい評価を受けてしまった同選手だが、今後限られるであろう出場時間の中で存在感を示すことができるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ