レアルで3番手FWだった男が…… 今季最も”エリア外から得点を決めている選手”TOP10!

リヨンで急成長するマリアーノ photo/Getty Images

エリア外からのシュートは大きな武器

ゴール前を相手に固められた時、有効な武器の1つがミドルシュートだ。エリア外から高い精度のキックでゴールを狙える選手がいれば、相手は寄せるために前へ出てくる。

では、今季欧州五大リーグで最も多くペナルティエリア外からシュートを決めている選手は誰なのか。英『Squawka』が得点率などを基にTOP10を発表している。

10位:スソ(FW ミラン) 38本中4ゴール(成功率10.52%)

9位:ミラレム・ピアニッチ(MF ユヴェントス)&マルコム(FW ボルドー) 24本中4ゴール(成功率16.66%)

7位:フィリペ・コウチーニョ(MF バルセロナ) 23本中4ゴール(成功率17.39%)

6位:セルゲイ・ミリンコビッチ・サビッチ(MF ラツィオ) 21本中4ゴール(成功率19.04%)

5位:ルーカス・トレイラ(MF サンプドリア) 12本中4ゴール(成功率33.33%)

4位:パウロ・ディバラ(FW ユヴェントス) 33本中5ゴール(成功率15.15%)

3位:ナビル・フェキル(FW リヨン) 20本中5ゴール(成功率25%)

2位:ネイマール(FW パリ・サンジェルマン) 19本中5ゴール(成功率26.31%)

1位:マリアーノ(FW リヨン) 20本中6ゴール(成功率30%)


何と1位に輝いたのは昨季までレアル・マドリードの3番手FWだったマリアーノだ。今季から出場機会を得るべくリヨンへ移籍したマリアーノは、破壊力抜群のリヨン攻撃陣の中心メンバーとなっている。3位にフェキルが入っているのも特徴的で、リヨン攻撃陣の勢いが分かってくる。

ルイス・スアレスがウルグアイ代表の希望の星と呼ぶ若きMFトレイラの成功率も驚異的だ。フリーキックも担当するほどキックに自信を持っており、今後ウルグアイ代表を支えていく選手になるのは間違いないだろう。
●電子マガジンtheWORLDは、W杯ロシア期間中にデイリー刊行しています!

大会期間中の号はすべて無料で、お使いのブラウザ上からお読みいただけます。こちらからお読みください。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.207 ブラジルが追加タイムの2発でコスタリカに辛勝
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ