“飛び蹴り”で無所属のエブラ、モイーズと再タッグへ 新天地はイングランドか

マンU時代のモイーズ監督(左)とエブラ。再タッグなるか(右)photo/Getty Images

ウェストハム加入間近

現在、無所属となっている元フランス代表DFパトリス・エブラだが、ついに所属先が決まりそうだ。

昨年1月にユヴェントスから日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユへ移籍したエブラ。2シーズン目となる今季はキャプテンマークを巻いてプレイする姿も見られたが、同年11月に行われたヨーロッパリーグのヴィトーリア戦前に、暴言を吐いてきたサポーターに飛び蹴りをくらわせ、退場処分を受けた。その後、双方合意のもとでマルセイユとの契約が解消され、無所属となっていた。

しかし、欧州制覇に加え、数々のタイトルを獲得してきたベテランDFは引く手あまた。主力SBをケガで失ったナポリが興味を示したり、いくつかのクラブからオファーがあることをエブラの代理人が以前明かしたりしていた。ただ、新天地はイングランドとなりそうだ。

英『sky sports』などによると、エブラはマンU時代にタッグを組んだデイビッド・モイーズ監督率いるウェストハムへの加入が間近で、早ければ7日にも契約にサインする運びとなる。昨夏から積極補強を行うエヴァートンなども関心を示していたようだが、ロンドン行き(ウェストハムの本拠地)を決めた。

間も無く再スタートを切ることとなりそうなエブラ。マルセイユでの汚名を返上することができるのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ