オバメヤンの後釜はこの男か ドルトムントが“大迫の元相棒”を獲得へ

昨季までケルンに在籍したモデスト photo/Getty Images

昨季のブンデスリーガで25得点を記録

ホッフェンハイムやケルンなどでのプレイを経て、昨年より天津権健に在籍しているFWアントニー・モデスト。2016-2017シーズンのブンデスリーガで25得点を記録するなど、2トップでコンビを組んだ大迫勇也と共にケルンの攻撃を牽引した。

昨年の中国スーパーリーグ(8試合出場)で7得点と好調を維持するなか、ドルトムントがモデストの獲得に乗り出したことが独『Ruhr Nachrichten』で明らかに。ピエール・エメリク・オバメヤン(現ドルトムント)のアーセナルへの移籍が秒読み段階に差し掛かったことから、ドルトムントが同選手の後釜としてモデストを迎え入れるという見方が有力視されている。

かねてよりブンデスリーガへの復帰が噂されていたモデストだが、ケルン在籍時の恩師であるペーター・シュテーガー監督(現ドルトムント)との再会を果たし、再び欧州の舞台で自身の名を轟かせるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ