ロシアW杯へ、”日本の10番”・香川真司が絶好調! センス抜群のジャンピングボレーで今季5点目[映像アリ]

喜びを爆発させる香川 photo/Getty Images

シュテーガー体制で好調を維持

対戦前の時点で勝ち点30の7位につけていたドルトムントは、27日にホームで12位フライブルクと対戦。ドルトムントは順位こそ7位だが、2位フランクフルトとは勝ち点差が3しか離れていない。バイエルンを捉えることは難しくとも、2位の座を確保すべくフライブルクを確実に叩いておきたいところ。

その一戦で魅せたのは再び日本代表MF香川真司だ。序盤からドルトムントが積極的に攻め立てると、前半9分にサムライが躍動する。相手ペナルティエリア内で混戦になると、ウカシュ・ピシュチェクがシュート。これが相手の足に当たって跳ね返り、浮いたボールを香川がジャンピングボレーで突き刺した。ペーター・シュテーガーに指揮官が代わってから絶好調の香川がまたも得点を記録してみせた。

ところが、この勢いを維持出来ないのが今のドルトムントの悪いところ。前半21分にはニルス・ペテルセンにあっさりと得点を許してしまい、1-1の同点に追いつかれる。後半からはマリオ・ゲッツェが投入されたが、これによって少しポジションを下げた香川はやや存在感が薄くなってしまった。

すると後半23分、ヌリ・シャヒンのバックパスをカットしたペテルセンがボール奪取と同時にロングシュートを選択。これがドルトムントGKロマン・ビュルキの頭上を越える見事な一撃となり、フライブルクが予想外の形から逆転に成功した。

ドルトムントは後半ロスタイムにジェレミー・トルヤンのゴールで同点に追いついたが、ホームで勝ち点2を落とす痛い結果になってしまった。


[スコア]

ドルトムント 2-2 フライブルク

[得点者]

ドルトムント:香川真司(9)、トルヤン(90)

フライブルク:ペテルセン(21、68)





●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.225 欧州4大リーグ展望:熾烈な戦いを制するのはどこだ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ