アーセナル愛はいつまでも! V・ペルシーが語る”世界最高”の指揮官「彼は成功するにふさわしい」

アーセナルで活躍したファン・ペルシー photo/Getty Images

プレミアを制覇したマンU時代ではなく……

先日、オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーが古巣のフェイエノールトに14年ぶりに復帰することが決まった。ファン・ペルシーはフェイエノールトのユース出身選手で、今回の古巣復帰には特別な思いがあるだろう。

そのファン・ペルシーが自身の思う最高の指揮官について語っている。ファン・ペルシーといえば2012年にアーセナルからマンチェスター・ユナイテッドに移籍し、悲願だったプレミアリーグ制覇を達成した。アレックス・ファーガソンが指揮するチームに移籍したことは正解だったと言える。しかし、ファン・ペルシーはファーガソンを世界最高の指揮官には挙げていない。英『METRO』によると、ファン・ペルシーはアーセナルで2004年から指導を受けたアーセン・ヴェンゲルを世界最高の指揮官と称賛している。

「アーセンは世界最高の指揮官さ。これこそ彼に成功してほしい理由なんだ。彼は成功するにふさわしいよ。僕があるのはアーセンのおかげだし、彼はプレイヤーとしても人間としても僕の成長において極めて重要な人物だった。温かい思い出しかないよ。アーセンの下でのトレーニング、試合など毎日、全ての時間が楽しかった」

アーセナルではプレミアのタイトルを獲得することはできなかったが、それでも自身を成長させてくれた点でヴェンゲルこそ世界最高と考えているようだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ