マンU、キャリックの後釜に“アフリカのシャビ”を指名か

複数のクラブより熱視線を注がれているセリ photo/Getty Images

モウリーニョがキャリックの引退を示唆

2015年よりニースに在籍しているMFジャン・ミシェル・セリ(コートジボワール代表)。長短を織り交ぜた正確なパスで同クラブの攻撃を牽引し、昨季のリーグ・アンで10アシストを記録。その創造性溢れるプレイスタイルから、“アフリカのシャビ”という異名で親しまれている。

マンチェスター・シティやパリ・サンジェルマン、及びチェルシーへの移籍が噂されるなか、新たにマンチェスター・ユナイテッドが同選手の獲得に乗り出したことが英『Daily Mail』で明らかに。キャリアの晩年に差し掛かったMFマイケル・キャリックの後釜として、同クラブがセリをリストアップ。同選手の移籍金として3500万ポンド(約53億円)を準備していることが併せて報じられた。

「彼自身の考えが変わらない限り、彼は今季終了後に我々のコーチングスタッフとなる」とジョゼ・モウリーニョ監督が述べたことから、今季限りでの現役引退が現実味を帯びているキャリック。引退の噂に対する同選手自身のコメントも含め、続報を待ちたいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ