クラブ史上初のCL決勝ラウンド進出のベシクタシュ “元マンUストライカー”の獲得へ

昨夏にウェストハムに加入したJ・エルナンデス photo/Getty Images

エースの移籍で補強が急務に

今季のUEFAチャンピオンズリーグ(以下CL)のグループステージを首位で終え、クラブ史上初となる決勝ラウンド進出を果たしたベシクタシュ。躍進が期待されている同クラブだが、今季の同大会で4得点を挙げたFWジェンク・トスン(トルコ代表)がエヴァートンに移籍したことから、代役の確保が急務となっている。

こうした状況のなか、同クラブが現ウェストハム所属FWハビエル・エルナンデス(メキシコ代表)の獲得に乗り出したことが英『JOE』で明らかに。両クラブ首脳による会談がロンドンで行われたほか、ベシクタシュ側が850万ユーロ(約11億5000万円)の移籍金を支払うことで合意に至った旨が併せて報じられた。

かつてマンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリードに在籍していたことで知られるエルナンデス。エースを失ったベシクタシュへの移籍を決断し、今季のCLラウンド16で対戦するバイエルン・ミュンヘンの守備陣を出し抜くのだろうか。同選手の動向に注目が集まる。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ