イングランドでもVARが威力を発揮! レスターの得点が一時はオフサイドになるも……[映像アリ]

得点を喜ぶイヘアナチョらレスターの選手たち photo/Getty Images

VARは今後のサッカー界に必要か

今季セリエAやブンデスリーガで導入されているビデオ判定(VAR)は、やはり今後のサッカー界に必要なものなのだろうか。16日に行われたFA杯3回戦の再試合、レスター・シティVSフリートウッドの一戦でVARが威力を発揮した。

VARが使用されたのはレスターが1-0でリードして迎えた後半32分だ。リヤド・マフレズがドリブルで仕掛け、十分に相手守備陣を引きつけてからケレチ・イヘアナチョにスルーパス。これをイヘアナチョが押し込み、レスターの選手たちは貴重な追加点を喜んだ。

しかし、イヘアナチョの飛び出しがわずかに早かったと線審はオフサイドの旗を挙げた。これまでのイングランドの戦いならオフサイドで終わりだが、今回はVARが採用されている。その結果、イヘアナチョはオンサイドだったとの判定でレスターの追加点が認められた。イヘアナチョの位置も際どかったため、やはり人間の目だけで完璧な判断を下すのは難しい。

今季プレミアリーグではペナルティエリア内でのハンドの判定が曖昧、オフサイドの見逃しが多いといった意見もあり、審判のレベルには常に疑問がある。VARはそうした部分を補ってくれるはずだが、イングランドのサッカーファンもVARの必要性を実感したのではないだろうか。




参照元:twitter

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.194 全試合予想:UCL17/18ラウンド16
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ